Top
report
Works
profile
Reports
前のページ 1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 次のページ

【横浜市OS邸(新築)】
2008年初現場! [2008.01.08]

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


現場も今日から本格的に始動で、朝から多くの職人さんが入っています。
いよいよ後半戦となり、気分が高まります。


外壁工事のサイディング貼りも進んでいます。
通気胴縁を設けて12mmの無塗装サイディング貼りをし、
今後はその上に樹脂モルタルで仕上げます。


2階玄関にはトップライトが入りました。
合わせガラス(2枚の板ガラスの間に薄膜を挟み飛散防止性能の高いもの)と、板ガラスとのペアガラス仕様です。
今まではベニヤで覆っていたのですが、一気に明るくなり、
晴天の空がそのまま入ってきます。


木枠加工材も現場に入り、窓枠取付が始まっています。
今日の本題は造作家具打合せパート1を行いました。来週パート2の予定です。
(浜田)



外壁スタート! [2007.12.21]

2階床の染色塗装が終了しました!
今日1日乾燥期間として、明日クリア塗装です。
とても良い色味に仕上がり、白く明るくなりました。
1階のフローリング張りもほぼ終了。1階は塗装品のナラ材です。ナラ材の木目も濃く出てきれいです。


水切りの板金も取付、いよいよ外壁工事に入ります。
横胴縁(外壁材を貼るための下地材)のピッチを細かく入れていますが、このひと手間で最終仕上の樹脂モルタルのひび割れ防止に役立ちます。(まだ正面部分のみですが、全面にこのピッチで入ります。)
(浜田)


初仕上げ材はフローリング [2007.12.15]

2階床仕上材が貼り終わっています。
リビング部分はタモフローリング。
色の濃淡がかなりあるのですが、しっかりと出た木目と合わせてとても良い感じでした!


水回りと寝室はインテリアラーチ合板仕上にそれぞれ薄く白色染色をします。塗装屋さんに色見本を造ってもらい、色決定。先に塗装をし、工事中は養生しておきます。


1階ユニットバスも入り、2階浴室も床組・ボード張りまで終了。着々。(浜田)


設備墨出し準備OK! [2007.12.04]

遮音マット・捨て張りベニヤまで終了し、各設備の墨出しをします。換気、給気、給・排水、ガス等々。
壁や床に穴を開けていきます。しっかりと確認をして進めていきます。


2階の浴室をユニットバスから在来の浴室に変更しています。排水等に問題がないか、最終確認。天井懐が少ないため、トラップ桝を付けることとしました。


寒くなってきました。現場も相当冷え込んできて夜が早いですね。(浜田)


地盤レベル差はあるけれど [2007.11.30]

1階の荒床も張りました。GLは隣地駐車場より1.5m下がっているため、1階の部屋が暗くならないか心配がありました。サンルームのように明るいということにはなりませんが、 南に角度を振って3面開口を取っているので、今日の天気で大丈夫です。


床張り後も狭さも感じませんでした。むしろ面が平滑になり空間が連続し、すっきり広く感じます。


建物の大枠は仕上がってきました。ここから細かな詳細や仕上と進んでいきます。


今日はいつもより広角カメラです(H氏撮影)。広角カメラは部屋全体が写っていいですね。。
(浜田)


空を通過する部分 [2007.11.28]

建物の中央に空を通過する部分があります。・・・(「OS邸計画 工事スタート」参照下さい。)


その部分のスチール枠が付きました!天井も壁もガラスなので、枠は存在感のある寸法としています。


1階の床張り用の大引きが流れ、軒天上下地も組み始めました。防蟻処理も済み、給排水配管工事も始まり、1階の荒床も張り始めます。いろいろ進行していきます。(浜田)


再びズームイン [2007.11.24]

OS邸の現場は下地の合板を貼る作業です。
この段階で、そろそろキッチンの発注など、仕上げにも関わることを準備していきます。

そのために、又、設計時の想定を再確認するために、室内、特に2階の居間のスケール感・素材感を見極める模型をつくりました。既に素材サンプルは提案済みですが、この模型で全体のバランス確認します。

進行中の現場は実寸です。お施主さんと模型と現場を見比べて、少しづつ近づいていく手応えは嬉しいものです。(谷口)


前のページ 1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 次のページ
有限会社ティー・プロダクツ建築設計事務所
info@t-products.net
Copyright ©2005-2014 t-products All Rights reserved.