Top
report
Works
profile
Reports
1 > 2 > 3 > 4 > 5 次のページ

【・絵日記マラソン】
はるか? [2010.02.04]

瀬戸内の島に3日程滞在。
内、最初の2日は
 / / // / // /
//、/、、//、 シトシト、
雨−−−−、。


なのですが、
梅が咲いている。

春かぁ〜。
いや待った待った、。
そんなに早く春にならずとも、
いろいろやらなくてはならないし。




翌日の快晴。
さすが瀬戸内の海はきれいに青い。
梅も嬉しい。


みんなの家 [2010.01.30]

明けて1月はあっという間に過ぎた。
いろいろ起こりつつ、1月の記憶の「くさび」を打ってくれたのは、やはり又「するところ」ワークショップの「みんなの家」。今回も単にちびっ子の中に混ざり自分を試すため、のこのこと手伝いにいったのだ。



いろんな、すんごい家ができた。
「長い」とか「たかい」とか「まる」とかヒントが在る場合も在るのだけど、ヒントの中に「ダイヤ」というのがあって、スタッフ皆「??難しいお題だな〜」などと首をかしげていたのに、、、、



ホントに「ダイヤ」な家が出来ていたりする。中に入るとキラキラ木漏れ日の様なダイヤの様な光が降りそそぐのだ。恐るべし。



タイムカプセルの様な家が出来ていたり、




中に入ると、何か不思議な光に満たされているマユの様。




この後のワークショップでは、色をつけたり、窓をつけたり、飾り付けし、、、そこで、みんなで持ち寄ってリサイクルのお店をするそうだ。面白い、。
詳細は「するところ」HPご参照下さい。
今回のみんなの家の先生は、するところ設計者の近藤哲雄(近藤哲雄建築設計事務所)さんです。

*私の報告が遅くて既にどんどん進んでいるのでご注意下さい。


流星群とピント合わせ [2009.12.16]

双子座流星群がやってきたらしい。★

世の流れにあんまりリンクしていない私も(流星群も気にしてなかったのだが)、たまたま、自作望遠鏡らしきことに興味あり、レンズのピント合わせについて悩んでいた。


レンズを安く手に入れる方法はないかなー、。


中古カメラ屋のジャンクパーツで見付けた光りもの。(カラスみたいだ)


いろいろ書物をめくってみると(めくってるだけです)光学原理だけで出来た、ちょっと前まで使ってた(デジタルでない)カメラが改めて凄い物だと感動している。ただ、私がそれらをマスターするには、それこそ宇宙的距離があるのだ。なんとしても師匠を見付けなくては。


中古カメラ屋さんから、自作望遠鏡パーツ屋さんへと渡り、そこで教えて頂いた未来の師匠。ということで昨日は師匠に会いに行った。ただ時は、師も走る師走。来年になったら私がここへ駆け込むことになることは分かりました。


25 「みんなの森」折り紙編 [2009.12.01]

2回目参戦!

「みんなの森」のお手伝い2回目です。
(みんなの森は作家谷山恭子さんが「するところ」で行う全4回のワークショップです)

こころ構えは出来てるか?
体力は十分か?
今回は練習もしたし、何とかいけそう、です。

快晴。改めて、朝のすがすがしさと共に、落ち着いて「するところ」の現場を眺めることが出来ました。



これが前回の成果かぁ。

神々しいです。

外から見ても、賑やかな感じがあふれ出ていますが、中に入ると1階の工場の中にも入ってきます。

午前中に写真を撮っていると、未だ会場から2時間も前なのに「今日も参加したいのですが、先に申し込んだ方が良いですか?」とわざわざ来てくれたり、
通りがかりの近所の子かな?と思ったら、この前来てくれた子で、「今日も行く!」と。(私自身は未だ2回目で、彼らの方が先輩です。)


とにかく確実に、近所の子らが「するところ」を「基地」として認めてきているのではないか、そういう光景を出会うことができました。早起きは三文の徳。



今回は「みんなの森」に昆虫や動物を飾るワークショップ。折り紙でつくります。(そうそう、その練習をしたのだった)
その前に、スペシャルゲストとして、楠原竜也さんというプロの振付家の方が、ダンスという身体表現でワークショップを行うことになっていました。みんなの森に登場する動物たちを表現すると。これは大人も見逃せませんよ。詳しくは「するところ」HPで。

にしても、毎回スペシャルゲストを連れてきてしまう「みんなの森」。お手伝いの身でちゃっかりいろいろ見させて頂き感謝です。



みんなの森「谷山恭子さんのブログ」
「するところ」


銀杏に呼ばれて [2009.11.27]

以前、設計させて頂いたIM邸。
銀杏がみるみる黄葉が進んでいるとの連絡を受け、シャッターチャンスを探して撮りに行きました。


建て替え前から育っていた銀杏。設計中・工事中は邪魔にならないように枝葉を揃えられてコンパクトになっていたんだが、、。

久しぶりにここ来て主であることを思い知りました。見事です。


内部はクリスマスデコレーションも充実して、本当に楽しんで頂いて有り難いです。そして、、こちらのレディからはこんなプレゼントを頂きました。(いい絵だったんでたくさんもらってきてしまいました。)
竣工当初は、生まれたばかりだったのに。


有り難うございました。


「みんなの森」・「するところ」と「遊び力」。 [2009.11.16]

先週末、またまた私の「遊び力」が試されました。

先週の11月14日(土)、
谷山恭子さんのワークショップ「みんなの森」
場所「するところ」。 
に行ってきました。

前から興味があったのと、ご縁で、今回スタッフとしてお手伝いすることになったのです。

谷山さんによる「みんなの森」は、1人一本づつ木を描き、それが集まると森になる、、、という森に成長していく様を、ワークショップの形でみんなで共感しながら作っていくアート(私の解釈)です。

「するところ」は「工場であそうぼう」がテーマの、こどもと社会がつながるところです。今回初めて行ったのですが、「この建物なんだろう??」と街で気になる存在であるのは確かです。内部は既存部を上手く現した気持ち良い空間となっていて、正直、自分の事務所にしたいです。

今回は前回のワークショップでかいてもらった木の形を型取りし、壁に塗るという工程。
お子さん達はチームに分かれ、エリアを分担して木を塗ることになっています。前回は100人来たという。

えっ・・・?(大丈夫か私、。)

蓋を開けてみれば、会場は約100人来場の大好評。(大好評ぶりはこちらを参照ください。→するところ

私は、、。気合いは入ってたんですがねー。

●子供と「遊ぶ力」 → 体力とアドリブ力、共に惨敗。要筋トレ。要場数。
●自分の「遊び力」 → 必死だった、というのが正直なところ。、、、と言うことは、→ 没頭できた証 → 十分遊んでた → 遊び力・合格!(面白かったんだから良いじゃないかっ。)

それより、なんと言っても
●谷山恭子さんの「遊び力」 → これは廻りを巻き込む竜巻パワー。「みんなの森」はみんなで楽しいアークショップなんですが、スタッフもろとも巻き込んで、あるレベルの充実感に否が応でも達することができる、強化プログラム、、(祭りか?)の様な勢いを感じます。

それと、
●「するところ」という場の「遊び力」。ここに行けば「遊び」が待っている。これからいろいろなことが起こるそうです。そういうのが嬉しいです。まずは次回の「みんなの森」にいってみよう!。


にしても、遊び力が試されたら、それに応えられるパワーが欲しい、。筋トレ筋トレっ!

(掲載写真はワークショップ後の会場。)
(皆様お疲れ様でした)
こちらの方で雰囲気確認して下さい!!!  ↓ ↓
「谷山恭子さんのブログ」
「するところ」


22 干し柿日記 完 [2009.11.16]

出来たかなー、、、。


出来てる、。


あ、旨いかも、。


で、三コ位試食してしまい、
記念撮影ぐらいしとかないと、と慌てて撮影。


乾燥により、ほぼ種なんですが、
旨いんですよーーこれが。


後の六個もフィニッシュさせました。


1 > 2 > 3 > 4 > 5 次のページ
有限会社ティー・プロダクツ建築設計事務所
info@t-products.net
Copyright ©2005-2014 t-products All Rights reserved.