Top
report
Works
profile
Reports
1

【・はっぱレポ】
小春日和、アメイジングパーク。 [2008.03.18]

この配置と刈り込みボリュームの微妙な高さ、赤松の幹のハレーション、。


春を前にして浮き足立つ光景でした。新宿御苑にて、(谷口)


大きな木 [2008.02.08]

先週は、今進行中の住宅に、一本、木を植えるスペースがあるので、何が良いかなぁと思い悩んでいました。


私好みでは、夏も秋も葉っぱのきれいな落葉樹で大きな木です。もちろん、住宅地であれば、ほどほどの大きさの木をお勧めしなくてはいけないのですが、。

古い街では個人宅でも保存樹木になっている大きな木があって、近隣の人みんなの共有風景になっている様に思えるのですが、現行の住宅街のなかには大きな木を許容出来ない状況も、残念ですが在ると思います。保存樹木は例外的扱い、在るから切れない存在なのは、位置づけとして不満、、。


葉の形、実の形、好みを集め付箋を貼った図鑑の木の説明書きは、「成長が早く巨木になる。・・・」「新宿御苑の○○の巨木」のコメントです。ジレンマで実務を忘れ、いざ行かん、、!(今後のために、とか、冬の落葉樹の樹形をみとかなきゃ、とか、色々理由はつけましたが。)


これは新宿御苑のユリノキです。
花はチューリップのような白い花をつけるので、別名チューリップノキ。葉っぱは半纏の様な形をしているので、別名ハンテンボク。実はカエデの種の様に羽根状の形のものが集合した形で特徴的で、今枝先についています。(巨木過ぎて上手く撮れませんでした)


大きな木です。


やはり、かなり見事なだけに、今回は涙を飲んで選外です。


一応、仕事の話しに戻ると、今回の候補としては、トチの木か、カツラの木です。実はどちらも今の自宅から事務所に向かう緑道の並木になっていて、夏・秋・冬の姿を毎年見ています。庭木にはあまり無い大きな葉を持つトチノキ、葉の形が丸い新緑の美しいカツラ、どちらも優劣つけがたい。


一方、新宿御苑では梅園が咲き始めていました。
そしてもう一方、現場寝室からの眺めにも、紅い彩りがちらほらと。(春の竣工への緊張も、ちらほらと) (谷口)


1
有限会社ティー・プロダクツ建築設計事務所
info@t-products.net
Copyright ©2005-2014 t-products All Rights reserved.